HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2014年01月28日訪問看護
もばいるわーくすたいる

ありがたいことに、訪問看護・リハビリの依頼件数も

少しずつ増えてきております。

それに対応できるよう、スタッフの数も増やして

充実させるようにしています。

 

 

さて、そんな中、事務仕事をするための机も手狭に

なってきており、以前までは一人ひとつの机があったのですが、

現在は空いているスペースを必要に応じて使うという状態に

なっています。

 

 

しかし、昨今の企業の中では、決まった机というものを持たずに、

臨機応変に仕事がよりスムースに行くよう、ノートパソコンなどだけを

もって席を移動するということもあるようです。

なんでも、”フリーアドレス”とかいうそうです。

 

 

そこで、私自身も、机の上に自分の物品を置くということをやめました!

そこで考えたのが、ウエストバッグを使用して、その中に必要な物品を入れて

持ち歩くという方法です。

実は、病院で働いていた時、救命救急センターにいる看護師の方々が

このような感じでシザーケース(美容師さんたちがハサミ等を入れているバッグ)に

包帯やテープ、ハサミなどを入れているのを見ていて、

「カッコイイな~」と憧れの目で見ていたのを思い出したのです。

 

 

まずは、こちらのウエストバッグに物品を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その中身というと、4色ボールペン(シャープペンシル付)と認め印。

ちなみに、ボールペンは三菱鉛筆の”ジェットストリーム”という、とても書き心地のいいもの。

認め印は、無印で買った、シンプルながらもスタイリッシュなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、付箋紙です。通常のものよりも強力なのりが付いているタイプで、

形も吹き出しのようなユニークな形です。

”TO DO”を作るときや、伝言用に使う時など、頻繁に使っていて、重宝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、こちらは、クリップとなっております。

フリスクみたいなケースに、ペンギンの形をした可愛らしいクリップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、気がついたのですが、基本これらだけで、私に必要な事務作業は

全て片付けることが出来てしまいます。

いちいち、あれはどこにあったっけ?などと探す必要もなく、またそこまで

取りに行く必要もなく、その場ですぐに対応できます。

 

 

環境が制限される中で、本当に必要なものを考え、見つけることができる

というよい経験となりました。

 

そして、何より、日本の文房具メーカー、すごいぞ!!

 


ページトップへ