HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年12月13日訪問看護
拍動を感じる

訪問看護やリハビリに行って、利用者さんの様子が何かいつもと違うと感じた時、

バイタルサインをまずしっかりと診ます。

 

バイタルバイタルは、意識状態、脈拍、血圧、呼吸状態、体温などです。

病院にはいない状態で、必要最低限、利用者さんの体の状態を把握するために、

これらのバイタルバイタルをとても重要だと認識しています。

ですから、まずは、バイタルバイタルを診ます。

その見方などは、私などがここで書くより、成書にとても詳しく書かれているので参考にして下さい。

 

 

さて、私はそのなかでも、脈拍を診るという行為に、とても特別なものを感じてしまいます。

肌で直接触れ、その脈の強さ、数を診ます。

そしてその時に、力強く、リズムよく打たれる脈に、安心感を感じます。

このような仕事につくまで、人の脈拍になど触れることもありませんでした。

そして、今は、当然のように触れ、そこから生命を感じます。

時々、自分の脈にも触れてあげて、「ああ、私の体がんばってるなー」と何気なく思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ