HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年10月22日訪問看護
1日何歩歩いている?

平成23年の厚生労働省による国民健康・栄養調査結果の概要 におもしろい調査結果が載っていました。

1日に日本人が歩く歩数の平均値です。

 

 

 

 

 

60~69歳の人で、男性は7,303歩、女性では6,705歩です。

70歳以上になると、男性は5,263歩、女性では4,323歩となっています。

 

 

 

脳梗塞や骨折等になった方々で、これに近い量の歩数を歩けているか?となると疑問です。

もちろん、この数値は平均値であるため、健康で運動好きな方がその歩数を伸ばしている可能性は大きいのですが。

しかし、歩数練習の絶対値としては、この数パーセント足らずとなる方々大半を占めているように、経験からは思います。

 

 

下の表は、ある活動を身につけるまでに必要な練習回数を調べたものです。

 

 

ご覧の通り、絶対的に回数が必要となってきています。

歩けなくなった方々が、改めて歩けるようになるためにもやはり最低限の回数が必要になると考えられます。

(一度身につけた動作なので、一概に比較はできませんが・・・)

 

筋力トレーニングだけやっても、これらの活動が上達するとは思えないのは、想像するまでもないですよね。

最低限必要な筋力があれば、あとは目的とする活動の練習を繰り返す必要があるのです。

このあたり前のことが、あたり前には行われていないのが現状でもあります。

 

 

 

 

 



ページトップへ