HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2022年03月22日訪問看護
精神科訪問看護のご案内

当事業所には、看護師と作業療法士が在籍しているため「精神科訪問看護」というサービスも利用して頂くことができます。
 
「精神科訪問看護」と聞いても、ピンと来る方は多くはないと思いますので、この場をお借りして簡単に説明させていただきます。
 
 
まず「訪問看護」とは、看護師や保健師がご自宅(グループホームを含む)に訪問して、ご本人の病気や困りごとに合わせて看護サービスを提供することです。
 
 
「精神科訪問看護」では、看護師・精神保健福祉士・作業療法士などの有資格者が、精神疾患を抱えている方のご自宅(グループホームを含む)に訪問して、ご本人の症状や困りごとに合わせた看護サービスを提供致します。
このサービスでは、入院や通院との違い、ご本人のライフスタイルに合わせてご自宅で、ご本人が望んでいる生活を住み慣れた場所で継続できるように支援にさせていただくことができます。
 
 
精神科訪問看護を受けるご本人の状態によって、支援の内容は変わります。
下記、支援内容の一部をご紹介致します。
 
 
・お薬を飲むタイミングや管理の方法を一緒に考える
 
・生活リズムを整える方法についてご本人と一緒に考える
 
・ご本人に代わって、言いづらいことを主治医に伝える
 
・就労や社会復帰について相談に乗り、必要な場合は適した機関とつなぐ
 
・公的な制度を利用するための説明や、書類提出などのサポートをする
 
 
上記のような例を出しましたが、私たちはまずご本人が何を望んでいるかを第一に考えるようにしています。
服薬や生活についての指導はもちろんですが、それよりも「話を聞いてほしい」などの気持ちが見えたら、ただ傾聴する場合もあります。
 
精神科や心療内科に通院されている方であれば、どなたでも利用できます!
また、ご利用の際は主治医からの指示が必要となりますので、ご注意ください。
そのため、受診している病院やクリニックの主治医や看護師、ソーシャルワーカーや精神保健福祉士、保健所・精神保健福祉センターなどの公的機関などにご相談してみてください。
 
また、私たちもご利用に関して、お手伝いや相談に乗ることも可能ですので、お気軽にご連絡ください!

☎072-984-5185


ページトップへ