HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年11月29日訪問看護
医療、介護も、時代に対応していくことが大切

今年の4月より、だいたい週に2回の割合でブログのような形で情報更新をし、

東大阪市にある訪問看護・訪問リハビリの事業所としていろいろな情報を

発信できるよう望んでおります。

 

 

さて、情報発信するためのモチベーションの維持にも、いったいどれくらいの人たちに、

どういったページが読まれているのか、を知りたいと思いまして、”Googl Analytics”  という

サービスを使っております。

このサービス、ともて便利で、そういったことがデータとしてしっかり把握することができます。

 

 

 

正直に申しまして、読まれているうちに入らない程の数ではございますが、それでも

数十人には読んで頂けているようなので、引き続き更新し続けたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

さて、本日はその”Googl Analytics”  から見えた傾向についてです。

まずは、これをご覧ください。

 

 

 

desktop とはいわゆるパソコンです。

そして mobile はスマートフォンなどの携帯端末、tablet はiPad などのタブレット端末です。

 

さて、このデータから、私たちのホームページが、

2012年は、パソコンが78%、携帯端末が22%(タブレット含む)

2013年は、パソコンが71%、携帯端末が29%(タブレット含む)

というようになっております。

 

 

つまり、この1年で、携帯端末から見られていた割合が2割から3割近くへと移ってきています。

まあ、このデータを見るまでもなく、昨今の状況をみれば、パソコンよりも圧倒的にスマホ利用からの

インターネット利用が多くなってきているはわかるのですが。

 

 

 

さてさて、このような状況にも関わらず、私たちのホームページは、スマホ対応していません。

どういうことかというと、スマホの小さな画面から見ても、パソコンと同じように見えてしまい、

正直小さくて見られたものではありません。

最近では、このような状況に対応し、各企業のホームページもスマホ対応していて、

スマホからみるとその小さな画面に対応した見え方に変わります。

 

 

 

で、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、看護師の各協会のホームページが

スマートフォン対応しているかを調べてみました。

 

その中で個人的ベスト1は、看護協会です。

スマートフォンから見るとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

さらにもう1枚

 

 

 

 

 

 

 

第2位は、言語聴覚士協会です。

 

 

 

 

 

 

もう1枚、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまではスマートフォン対応しています。

以下は3位も4位もない感じですが、

あえて個人的に順番をつけるとするとワースト2位は理学療法士協会。

 

 

 

 

 

 

文字が小さくて見えにくいですね。

 

そしてワースト1が作業療法士協会。

 

 

 

パソコン以外では、表示さえされない・・・。

しかも肝心な、作業療法とは何かという内容が・・・。

 

 

なんとなく、予想していた通りの個人的順位となりました。

それにしても、看護協会、凄いと思います。

さすがです。

時代への対応が抜け目ありません。

 

 

というわけで、私たちのホームページも、できればスマートフォンにも対応していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ