HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年11月13日訪問看護
命を守るために必要な歩く速さとは・・・②

悲惨な踏切事故があり、先日はこのような内容を書きました。

 

そして、今回はその2として書いてみたいと思います。

 

横断歩道の青信号がどれくらいの時間かご存知でしょうか?

私自身、これまでそんなことを気にしたことがありませんでした。

こちらのウェブサイトを参考にさせていただくと、

 

”1秒に1mの速さで歩いた場合に渡りきれる時間が歩行者青信号の最低秒数”となっているとのことです。

単純に考えると、10mの横断歩道ならば、最低10秒は青信号ということです。

 

 

さらに、青信号の点滅時間についてもこのように書かれています。

”道路交通法によると、青点滅は
「歩行者は、道路の横断を始めてはならず、また、道路を横断している歩行者は、

速やかに、その横断を終わるか、又は横断をやめて引き返さなければないこと。」

となっています。
ここで注意してほしいのは、道路交通法では、引き返すことを想定していることです。

従って、青の点滅秒数は、横断歩道の半分しか取っていません。

これにより、渡り始めてすぐに点滅になった場合、引き返さずにそのまま進むと、途中で赤になってしまうのです。

 

 

さて、1m/秒 ということは、 60m/分 であり、3.6km/時 ということになります。

人の歩く早さがだいたい、4~5km/時 のようなので、計算上は問題ないことになります。

(ただこれまで、横断歩道の途中で引き返している人を見たことがありませんし、私自身もしたことがありません・・・)

 

 

これらのことを考えると、屋外歩行が自立というには、ある程度の歩行スピードが必要となるということです。

 

 

さらに、今回はもうひとつのデータをお借りしました。

とある研修会に参加したときの資料に掲載されていたものですが、

通常の歩行と、脳卒中患者の歩行で、その速度と歩行時に消費されるエネルギー(ここでは酸素摂取量として掲載)を

調べたものです。(こちらがサマリー 英語ですが・・・)

 

 

 

成人は20~59歳、高齢者とは60~80歳です。

成人でも高齢者でも、歩行時に消費するエネルギー(酸素摂取量)はそれほど変わらないみたいです。

しかし、脳卒中患者となると、およそ2倍近くになるようです。

しかも速度は、他の半分以下となっていますし、1m/秒 を下回っています。

 

 

そして、この歩行時に消費するエネルギー(酸素摂取量)が通常の2倍近くになるというのは、どれくらいのものかというと、

 

 

私たちが膝を45°曲げて固定した状態で歩くよりも、さらに大きなエネルギーを消費するようです。

 

かなり大変であるということは、データが外国のものだということをふまえてみても想像できます。

 

 

 

 

 

 


ページトップへ