HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年08月26日訪問看護
日本郵便が高齢者事業に参入

このニュースによると、日本郵便が高齢者事業に参入するそうです。

どのような内容かというと、

 

●高齢者宅を訪問し生活状況を確認

●生活必需品を定期的に自宅に配達

●健康や生活の悩みに24時間体制で相談に応じる

●遠くに住む家族などに月1回リポートを発送

 

などのようです。

ニュースを読む限りでは、いずれも介護保険サービスなどではなく、まったくの独立サービスのようです。

つまり、利用者から直接全額代金をいただき、サービスを提供するという形です。

 

 

 

このようなサービスは今後、更に増えていくように思います。

例えば、高齢者宅へお弁当の配達サービスをしている業者、日本郵便だけでなく他の配送業者、電気やガス会社など、

これらの会社ではこれまでに築いてきた、効率的なネットワークで、個々の自宅へのサービスが可能です。

 

 

利用者側としても、いつも顔を見ている安心できる人から、安価にサービスを提供してもらい、満足できるものになるでしょう。

 

 

 

今後の展開を見続けていきたいと思います。


ページトップへ