HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年07月31日訪問看護
「訪問看護指示書」~訪問看護、訪問リハを行う時に必要なもの

訪問看護や訪問リハビリを行うにあたって、まず必要となるのが、「訪問看護指示書」というものです。

 

 

看護師の行う看護業務や、療法士(言語聴覚士、作業療法士、理学療法士)の行うリハビリテーションは、医療行為となります。

そのため、主治医となる医師から”指示”が必要となります。

そして基本的に、看護師や療法士は、その指示に従って医療行為を行うことになるのです。

 

 

もし看護やリハビリテーションを希望するのであれば、まず主治医に相談していただきたいと思います。

 

 


ページトップへ