HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年07月02日訪問看護
外まわりに強~い味方

訪問看護、訪問リハビリは、基本的に自動車は使用せず、自転車やバイクでの移動となります。

 

 

 

冬は、着る物を厚くすることで、なんとか寒さをしのぐ事ができます。

しかし、夏は、着る物を薄くしても、なかなかその暑さをしのぐことが難しいというのが正直な感想です。

 

 

夏の場合、気温だけでなく、湿度、日差し、汗など、体感として暑く感じさせる要素が多いからでしょう。

 

 

 

そこで、この暑さをしのぐために、私自身が今のところ使用している、グッズ?を挙げみます。

 

 

 

まずは、汗をかいた時のベトベトした感じやこもってくる暑さを防ぐために使用しているのが、ユニクロの”シルキードライ”(今は”エアリズム”と言っているみたいです)です。雨が続いて洗濯できなかった日に、普通のシャツを着たのですが、シルキードライの心地よさを実感しました。

 

 

 

 

このシルキードライ、汗をかいてもベトベトとひっついてくる感じが少なく、シャツの感触自体がサラサラとしており、ひんやりとした感じがあります。思うに大きい利点は、シャツが体にひっついてこないのと、通気性が良いために、かいた汗が蒸発しやすく、体温の上昇を防いでくれているようです。

 

 

 

つぎに、帽子。これは、頭部への日差しを防いでくれますね。頭や顔は基本的に、直射日光にさらされている状態なので、帽子を被ることで頭や顔部分を守り暑さをだいぶしのげます。

 

しかし、頭のサイズにピッタリの帽子を選んでしまうと(種類にもよりますが)、通気性が悪くなり熱がこもりやすくなります。ピッタリした感じがまた、暑苦しさを感じさせたりもしますしね。

そのため、やや大きめも帽子を探してみました。女性用ではよく見かけるのですが、男性用となると、種類が少なく(お店では売っているのを見たことがありません)、探すのに苦労しました。ネットでいろいろと探してみると、”キャスケット”なる名前で売られていました。

目深に被れば、直射日光が目に入るのを防げますし、頭部も日光による熱から守られております。

 

 

 

 

 

 

最後は、半袖を着ている時に露出される腕を日光から守ってくれる”アームカバー”。女性は、日焼け対策として普通に使用していますが、男性ではなかなかアームカバーを使用している人はみかけません。

ですが、これ、最近売られているモノは、本当にすごい効果があると思います。

(大きめの帽子、アームカバー、そしてここには書いておりませんが”日傘”といい、夏日にはとても強い味方になります。ところが、男性ではこれらを身に着けている人は多く見かけませんし。一方で女性はほとんどが身につけております。このへん、何か面白いです)

 

 

 

 

 

 

先に挙げたユニクロのシルキードライのように材質にポイントがあるようで、サラサラ感と冷感をもっており、それに加えて直射日光を防ぐので、している方が涼しく感じるくらいです。日差しのきつい夏の日には、ジリジリと腕が焼ける感じを感じた人は多いはずです。(実際、私は日に当たっている時に「あぁ~、今焼けてる~」と感じましたし、その晩もヒリヒリとした感じが残っていました)

 

 

 

また、他にいい暑さ予防グッズがあればいいなと思っています。まあ、こんなふうにいろいろと楽しみながら、外をまわる方が、面白いんじゃないでしょうか?

 

 

イーリハ東大阪訪問看護ステーション


ページトップへ