HOME > お知らせ一覧 > お知らせ

2013年05月06日訪問看護
「要支援」サービスの見直しが検討される方針

先日のニュースによると、厚生労働省は、「要支援1」「要支援2」のサービスを将来介護保険から切り離すことも含めて見直しを行う方針とのことです。

 

 

 

 

詳しい動向はこれからの流れを追っていく必要がありますが、介護費用の増大は必至ですからこのように検討され始めたのでしょうね。

2012年12月での状況では、要支援は27%となるので、かなりの割合となりますね。

 

 

ちなみに私どもの訪問看護ステーションでは、昨年訪問リハビリを受けられた方の割合は東大阪市内にしぼると、要支援1・2を合わせて1割程になります。

これらの方々のリハが今後どのような形で実現できるのか、その点も問題となっていくのでしょう。

 

イーリハ東大阪訪問看護ステーション


ページトップへ